青木のりお 公式ホームページ

政策

ホーム  » 政策

政策

青木のりお『五つの姿勢』

1.政治に対する姿勢
  • 公と私との区別を持つ
  • 権力放棄を恐れない
  • 誰もやりたくない仕事をする
  • 日本人としての「伝統」、「文化」を大切にする
  • 常に相手の立場に立つ
2.お金に対する姿勢
  • 政治資金、選挙資金を公開する
    政治は、信頼が第一。不明な政務調査費なし!
3.問題解決への姿勢
  • 問題は現場で解決する
    現場で戦略を立て、現場で整理します
4.議会への姿勢
  • 民間企業並みのコスト感覚を取り入れ、ムダ・ムリ・ムラの削減に挑戦する
5.川崎市に対する姿勢
  • 川崎市を、日本を代表するような市へ
  • 世界に誇れる豊かな街へ

青木のりお『四つの約束』

1.安全と防犯 ・・・この街のどこに住んでも安心、安全の街づくり

37年住んでみてやはり、治安が悪くなっているのを感じます。
市政の最優先課題として安全を感じられる街づくりをしていきます。

2.教育改革 ・・・街づくりは人づくり 児童・生徒の心を豊かにする教育へ

学級崩壊、家庭崩壊などが続く現状だけはほうっておくことはできません。知育・徳育・体育の全てをバランスよく学習し、『真面目に生きることの喜び』を教育できる学校体制を築きます。

3.子育て支援

私も同じ子育て世代。優先課題としては、保育園、幼稚園不足の解消で、待機児童0人を目指します。また、小児医療体制の見直しを念頭に、特殊な病気、アトピーやぜんそく患者の負担軽減を考慮します。

4.介護福祉 ・・・この街の財産である市民への公共サービスの充実

お年寄りの医療や介護施設の充実をはかり、障害を持つ方が安心して暮らせる未来をつくります。

川崎『十の課題』

1.高齢者家庭

昨年まで97歳の祖母と住んでいました。私も働きながら祖母の面倒をみるというのには時間的にも体力的にも限りがあります。そこで私は、民間とも連携をとり、デイケア、ショートステイそして老人養護施設の充実をはかり、この高齢社会に対応できる福祉の市政を実現します。

2.学生

学生は常に勉強と遊び、就職、恋愛など多くのことで頭を悩ませています。かく言う私も大いに悩み、遊び、落ち込みました。その時はつらいと感じることであっても、後で必ずいい思い出と思えるような学校づくりに尽力して参ります。

3.身体障害者家庭
  • 1.アクセスの問題の解決。民間と連携して、バリアフリーの推進や公共のトイレ施設の充実を図ります。
  • 2.障害者の労働環境を整備して、しっかりと社会参加できる仕組みを作ります。
  • 3.障害者を持つ家庭への配慮を怠りません。
4.母子家庭

母子家庭の悩みは、金銭的な問題と保証の問題。働きながら子育てできる環境が先進国のわりには、まだまだ整備されていない日本。私は、働くお母さんを応援します。保証の問題も、アパートやマンションなどを借りるときには、大変困難を極めます。この法律も再度検討します。

5.外国人

川崎市には市人口の約2%の外国人が住んでいます。同じ街に住む市民として共に川崎市を大切にしていけるような仕組みを実現します。

6.中小企業経営者

日本の99%は中小零細企業。しかも20年以上続けている企業はその3%にも過ぎません。そうした日本の技術や文化を下支えしている企業のリーダーに、川崎市では、これから街のイメージ向上と同時に、企業活性化のための支援制度を充実させていきます。

7.中小企業で働く人たち

バブル以降、リストラの恐怖から、雇用の三種の神器といわれた、終身雇用、年功序列、組合が崩れ去りました。それ以降入ってきた実力主義でさえ、日本においては組織力が発揮できないと言うのが現状ではないでしょうか。市政からも今後、国際化の波を大いに感じながらではあるが、これからの川崎自民党は中小企業で働く人たちを応援し、経営者と従業員と政治とのよい三角関係を作り上げます。

8.農家

国の自給率が先進国では最低レベルの日本にあって、この高津区ではまだまだ都心部で農業を頑張ってくれている方が多い。もともと農耕民族の私たちにとって、農業はかけがえのないものです。私は、都心部の農業を必ず応援していきます。子供が土に触れる環境がなくなったらおしまいです。

9.働く女性

少子化とテレビでは騒がれているが、多くの女性は、仕事と家庭生活と友人との関係をバランスよく保とうと努力しています。バランスがとれるためには生活水準の向上が不可欠。公共サービスと税率の両面から、生活に負担なく希望が持てるような市政を目指します。

10.川崎都民

川崎に住んでいるが、生活の拠点が東京や横浜にある人たち。なかなか川崎で買い物をしたり、食事に行ったりする機会が少ないです。川崎駅周辺は、随分と街が変わっているが、まだまだ高津区は取り残されている現状を考えると、東京や横浜の人を呼べるような街づくりを推進します。